Monthly Archives: September 2014

Klondike Passes, Speaks, Swims, Rebels, and Studies

So much has happened since the last Klondike newsletter I’m not sure I’ll be able to fit it all in, but here are some highlights.

Klondike OWNED the AKC Canine Good Citizen test yesterday. Passed on the first try. BAM!!!!

1 LtoR Bill & Mieko Swartz, Klondike, Elissa s

This is us just after passing. The woman on the right is Ellisa, the AKC evaluator.

2 Good Sit s

This is Klondike and I at the start of the course. Notice how Klondike carefully went mud swimming before the test so his socks would match Ellisa’s.

3 Slack Walk s

This is the slack leash walk. It’s not quite a formal dog-show heel, but Klondike had to stay on a totally slack leash even as we stopped and did left and right turns.

4 Zombie Village s

I call this test section Zombie Village. In ZV the dog is led through a simulated crowd. The dog can show interest in the people around him (or living dead, as the case may be) but not aggression or jumping.

The foreground lady with the hat (above) stomped around, the walking pole lady behind her slapped her poles with each step, suitcase lady made noise as she loudly dragged her suit case. Klondike confirmed that there were no dangerous predators in the crowd or, even more importantly, people with snacks, and then just completely ignored everyone.

For the sharp eyed: The dog in the shot above is Tulia, but everything else is identical to Klondike’s run.

Having passed the test, Kondike is now demanding to be called Citizen Klon. An honor he’s well earned.

And in all seriousness… it’s very strange but it feels like Klondike knows he’s done something important. He seems just a little more interested in following me around the house, was waiting for me (for the first time ever) in front of the shower, during his walk seemed especially happy and pleased with himself.

Pretty sure I’m not imagining this. I think it’s passing the test, our reaction to the passing and just time – it generally takes 2-3 months for a dog to feel comfortable in a new home, and we adopted KB on 7/19 so we’re just past that two month mark.

Klondike Spoke!
Yes, it’s true. Those of you who know Citizen Klon know that he’s silent except for the thump-thump of his tail wagging on wood, the occasional surfacing whale exhalation noise and a very rare Scooby Doo type high pitched anticipation noise.

All that changed September 16, 2014 at about 1:00am. We heard two, very pleasant, sharp barks. Mieko and I rushed out of bed to Klondike’s basket and then did a quick check of the house but found nothing out of the ordinary. Our best guess is that he was having a dream. But it’s nice to know that he can bark and it’s a skill we hope he’ll learn to use at least a little more.

The Great Rebellion & Partial Cure
Late August saw Klondike sometimes refusing to go on walks, at least resisting at the start of the walk. And often thumping his tail while doing so.

We figured it was Klon being a little child who had just learned to say “No” and was testing it out. And that was some of it. But it also turned out he had worms and Giardia, a common stomach parasite and probably wasn’t feeling like long walks.

5 Dr Beth s

Happily Dr. Beth Phimister and her team from the Kensington Vet Hospital got on the case, nuked the parasites but good, and while the rebellion didn’t entirely go away it improved about 75%.

Pawalkers Deals With The 25% Remaining Rebellion

We asked the excellent Chris Mathews from Pawalkers to take KlonBeast to Point Isabelle Dog Park a few times a week. This was partially to give KB (now Citizen KB) some extra dog park experiences, partially to allow him to be part of a semi-regular pack of other dogs.6 Cris Van s

He seems to like Chris. He jumps into the Pawalker car with no problem. He comes back from his Pawalker excursions happy. But he’s lost off leash privileges from Chris because he won’t listen to her commands at the park and he makes a production of resisting walking from the house to her car. Hopefully, he’ll figure out the error of his ways.

7 Chris Park

Citizen K Swims!

Since we first adopted him, KlonBeast was interested in the water, and the Point Isabel Dog Park is on the shoreline so he’s frequently exposed to it. He’s wadded into the water. He’d climbed down rocks to get near the water numerous times. But he never actually went swimming. All that changed September 14 at 12:40PM. KB went swimming, and since then every trip to Point Isabel has included two dips in the water, each 2-4 minutes, followed by shaking and some sprinting around like an excited puppy.

http://youtu.be/HU6cZiPXrf8

8 Water Rocks s

Citizen Klondike Seeks Theoretical Underpinnings

9 Doug s

Dr. Doug James, noted Berkeley Botanist, was kind enough to put together a one-on-one seminar for Klondike on animal-dangerous plants in the South Berkeley/Swartz Backyard area. Above Dr. James speaks with Klondike during a breakout session.

And that, my friends, is a very brief summary of recent Klondike events.

Bill, Mieko, Good Citizen Klondike

Advertisements

Canine Good Citizenとはなにか

試験の内容です。10項目あり、全部パスしないと不合格。

人間と暮らす上でのごく基本的なお行儀のよさが身についているか、というだけです。これ通ってると、たとえば犬ダメなアパート借りるときに大家さんを説得しやすいとかいう実用的なメリットのほか、飼い主的にはちょっと自己満足というか一応やるだけのことはやってるんだぞと世間様に表明できるというか。

市民犬クロンダイクは大型犬なのでお行儀悪いととても困りますから、この試験通るのは第一目標でした。

CGC

米国ケンネルクラブのサイトに非常に詳しい情報が出ています。

https://www.akc.org/events/cgc/program.cfm

盛りだくさんな通信 Canine Good Citizenなど

シロクマ通信です。

前回の通信からあまりに沢山のことが起きたので、全部お伝えしきれるかどうかわかりませんが、がんばってみます。

まずはじめに…

一発合格!

クロンダイクが米国ケンネル・クラブのCanine Good Citizen試験に通りました!

Canine good citizenというのは優良家庭犬の審査で、10項目のテストがあり全部できないとダメです。

1 LtoR Bill & Mieko Swartz, Klondike, Elissa s

上の写真は合格直後。試験官のエリサさんと。

2 Good Sit s

試験開始。
最初は上手に散歩できるかどうかの試験。リードを引っ張ると失格です。

3 Slack Walk s

方向を変えたり逆向きに歩いたりしても引っ張らずに落ち着いていられるかな?
ちょっとでも引っ張ると不合格です。

4 Zombie Village s

これはビルが「ゾンビ村」と呼んでいるテスト。狭いスペースの中に変な歩き方をする人、杖をついている人、スーツケースを引っ張っている人など色々います。飛び上がったり吠えたりせず、おとなしく横を通過しないと失格。クロンダイクは涼しい顔をして合格。この写真に写っている犬はクロンダイクではなくてお友達のトゥーリアという犬です。

というわけで合格したクロンダイクは、今後Canine Good Citizenのタグを首輪からぶら下げる資格を得ました。
うちではシティズン・クロンダイクとかシティズン・クロンビーストとか呼ばれています。
シティズン・ケーンみたいです。シティズン・犬。(「市民ケーン」をご存じない方には意味のない話ですが。)

そして不思議なのですが、試験に合格して家へ帰ってきたら、なんだかビルとクロンダイクの絆が深まっているのです。ビルの顔を見に来る回数が増えている。ビルがシャワーを浴びていると外で待っている。散歩の時もうれしそうです。何かが変わったような感じがします。クロンダイクの訓練は主にビルがやっているので、ビルの達成感が犬にも伝わっているのでしょうか。

クロンダイクが7月19日に家に来てから2ヶ月が経過しています。そろそろ落ち着いて新しい家の人たちを自分の群れの仲間と認識しても良い時期です。そういうことなのかな?

吠えた!

クロンダイクは吠えない犬でした。丸2ヶ月一度も吠えたのを聞かず、ひょっとしてこの犬は吠えられないのかな、と思い始めていたところでした。

クロンダイクの出す音といえば、寝転がったまま尻尾を振っていると床に尻尾があたる「トントン」、鯨が潮を吹いているみたいな「プシュー」というため息、それにごくたまに「クォーン」みたいな変な声を(アニメのグレートデン、スクービードゥーを知っている人ならすぐご理解いただけるかと)出すだけだったのですが、とうとう吠えました。

9月16日夜中の1時。2度、わん、わん! と鋭い、気持ちよさそうな吠え声。
何事かと我々ふたりはベッドから飛び出して家の中を点検しましたが、何もなかった。どうやら犬が夢を見ていたのではないかという結論になりました。ドロボーとかではなかった。今後少しくらいは吠えてくれるといいなと思います。

反抗期。

8月おわりごろ、クロンダイクが突然散歩に行きたがらない、呼んでも来ない、お座りもお手も知らん顔、みたいな現象が続きました。言うことを聞かないときには嬉しそうな顔をして尻尾を床にトントン打ち付けています。

ははあ、これは反抗期だな、と理解して辛抱強く訓練を続けていました。確かに反抗期ではあったのでしょうが、もう一つ理由があったようです。
なんと、お腹に虫とジアルジアがいたのです。調子悪くて運動したくなかったらしいです。

5 Dr Beth s

早速獣医さんのお世話になり、薬をもらってやっつけました。なおってよかったね。

散歩サービスを嫌がる。

6 Cris Van s

この健康そうな女性はクリス。プロの散歩屋さんです。彼女にポイント・イサベルという巨大なドッグパークへ週に3回連れて行ってもらうことになりました。定期的に公園へ行って運動量を増やす目的もありますが、度々顔をあわせる仲間の犬がいたほうがいいだろうという判断です。

7 Chris Park

クロンダイクはクリスのことはすぐに気に入ったようです。彼女の車にも飛び乗ります。でも、どうやら反抗期からまだ抜けていないらしく、クリスが公園で呼んでも知らんぷりして来ないことが続いたので、残念ながらリードなしで遊ぶのはダメになってしまいました。他の犬たちはリードなしなのに。そのうち自分の間違いに気づいて態度を改めてくれるだろうと期待していますが、どうなることやら。

海水浴!

8 Water Rocks s

ポイント・イサベル公園は海際なので、ドッグパークの中に犬が泳げる場所があります。最初のうちは興味がありそうな顔をしつつも脚だけつけていたクロンダイクですが、とうとう泳ぎました。記念すべき9月14日午後0時40分! ビデオをご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=HU6cZiPXrf8

最近は公園へ行くと2度は水へ入り、数分ずつ水遊びをしています。水から上がるとブルブルブルッと水をはじきとばして、興奮してあたりを走り回って、それで1セットおしまい。実に楽しそうです。お散歩屋さんと一緒の時に泳げればもっといいのに残念です。

クロンダイク、勉強する。

9 Doug s

ご近所さんのダグラス・ジェームズ博士にバークレー南部とうちの裏庭近辺の毒草について教えを受けている図。なんでもかんでも口に入れたらダメですよ、って。

というあたりで今回の通信はおしまいです。
ご清聴ありがとうございました。

ビル・美英子・市民犬クロンダイク