Daily Archives: November 18, 2014

NEWSFLASH: Klondike Barked! 吠えました!

Klondike barked at what we think was a cat on the fence. Rude cat! It’s his yard! And this little incident is worthy of a newsflash because he never barks. In the 4 months we’ve lived with him, we’ve heard him bark only twice. This is the 3rd. He usually doesn’t care who walks along the fence. Was that Klondike? He barked! Bill and I ran out to the yard to look at the dog. Maybe like proud parents. Or something.

庭の塀の上を歩いていた猫(多分)に向かって吠えました。この犬は普段全く吠えない犬で吠えたのは家へ来てから多分3回目です。我々は庭に転げ出ました。こんなことが大ニュースと思えるなんて。でも、そういうものなわけです。親ばかです。

Bratty Beast Earns While He Learns

Klon Kar

We love Good Citizen Klon. He’s a great dog and his basic obedience behaviors are pretty solid. By he’s also (largely) a Pyrenees, and Pyrs work solo. They don’t herd in collaboration with a shepherd or another dog, they guard.  Pyrs hang out with the livestock and use their own judgement about what’s a threat and how to handle it. The good news is they have a mind of their own. The bad news is, you guessed it, they have a mind of their own.

I decided to take Klondike to the Berkeley Marina last night, as much for me as for him. GCK already had a medium morning walk with Mieko and Chris took took him Point Isabel late morning.  However, having spent the last few days out of town I wanted a long walk and to spend some time with the beast. And it was a beautiful night, very dark but clear and crisp.

First two thirds of the walk were great. I enjoyed seeing the port of Oakland off from the Marina, and city of San Francisco beyond that.  Klon went off leash and had some great pick-up games of tag with some other dogs. Lots of trotting, running, sniffing and smiles. And when recalled KlonBeast came running like a fur covered freight train, much to my pride and perhaps a little envy from the other owners.

Problem started when we turned vaguely toward the parking lot and the Klon decided to slow walk. He’s pretty much 100 pounds and if he chooses to walk at 1 MPH to protest a wrong direction you can’t do much. This was a fairly significant issue a few months ago, right after we adopted him. We worked on this and the behavior greatly subsided, even went away. But there it was last tnight.

To train him off dragging we mainly did two things

  • Standard heel training. Dog walks on left side, leash in right hand and draping across the body, going over left knee. Trainer pats left pants pocket and if the dog has his nose there he gets a treat
  • Reward slack leash. When the dog is dragging, every time the leash gets a little slack give him a Good Dog and perhaps a treat

Last night when he started dragging he got praise and occasionally one of Mieko’s Klon Cookies (beef, cheese, peanut butter). And we got to the car somehow, but it was far more work than it should have been.

So… this morning Klon skipped breakfast (not his idea, I assure you, but I wanted him a bit hungry) and I took him on the same walk as last night, hoping he’d resist in the same place. And he did, though not nearly as much.  And this morning, every time there was a bit of slack in the leash after he’d been dragging or he trotted to catch up with me he got some of his super special cheese. My nuclear training weapon. He got a lot of cheese but I’m hoping not to have to this conversation with him again for a while. Let’s keep our fingers crossed. And yes, he also got breakfast later.

骨は食品である。

IMG_5798
「待て」の練習。

シロクマ通信です。

現時点でローフード率約70%の市民犬クロンダイクが、今一番たくさん食べている生ものは鶏手羽です。手羽元と手羽先がつながってるののほうがいいですけれど、バラバラでもOK。骨ごと生のままバリバリ噛み砕いています。とんでもない音! 肉食獣が食事をする音です。

骨、危なくないのかって?

大丈夫です。生の骨ならすぐ溶けてしまうらしく、うんちの中にはほとんど出てきません。加熱すると肉は軟らかくなるけれど、骨は硬くなります。尖った部分で内臓を傷つけたり、歯や歯茎を痛めたりするそうなので、鶏に限らず犬に骨をやるときには必ず生で。また肉だけ食べさせるのは栄養バランスが悪く、肉の付いた骨がいいという話です。

骨って食品だったんですね。肉を食べ終えたら捨てる部分じゃなくて、積極的に食べるもの。これはびっくりしました。

市民犬は図体がデカイので興奮していれば噛まずに丸呑みしてしまったりしますが、鶏手羽ならたとえ丸呑みしても心配する必要はないとわかってきました。多分もっと大きな骨でも大丈夫です。そのうち他の部位もやってみるつもりです。まるごと一羽もアリかもしれない。生の手羽先は子犬でも大丈夫らしいですよ。そして歯や胃腸の弱っている犬用には生のを骨ごとフードプロセッサーで砕くんだそうです。犬のおかゆですかね、それって。

鶏の骨を犬にやってはいけないとあちこちで読んだり聞いたりしていたので、最初に骨ごとやったときには私もビクビクしました。当時はまだ生食の発想がなかったので、人間の鶏スープを作るついでに多めに煮た骨を触ってみました。とろ火でだらだら加熱したので手羽先のみならず手羽元も私の指先でひねりつぶせるくらいに柔らかい。これなら大丈夫。ついでに温度が人肌まで下がっていることも確認して、それから犬を呼びました。

生ものだと呼ばなくても現れますけど加熱してあると呼ぶ必要があります。鶏ガラで出汁をひくと家中鶏のいいにおいになるのに、犬にとっては一段落ちるらしいです。こういうことも徐々にわかってきました。

もちろん加熱してあっても食欲は旺盛で、ボウルに入れた肉と骨とスープは一瞬のうちに犬の中に吸い込まれました。ドライフードよりもずっとうれしそうに食べるので、やっぱり加工の度合いの低い本物の食べ物のほうがいいのね、じゃあもっと頻繁に鶏スープやらなくちゃ、と決めたのでした。

ゆで手羽を与えていた期間は多分一ヶ月くらい続きました。ドライフードにまぜてみたり別々に出してみたりしていました。ゼラチンで煮こごり状態のこってりしたスープストックがいつも冷蔵庫にあるのは人間としてもうれしかったのに、生食になったら不要になっちゃいました。犬には関係ない事情ですが、ちと残念。

近所のスーパーで量り売りを買うにせよ、コストコで大きなパック入りを買うにせよ、鶏は安くてありがたいです。まだ安定していないので結論は出ませんが、犬のローフードはコスト的にはドライフードよりちょっと高いわね、という程度でおさまるのではないかと想像しています。

犬が健康なら、たとえ食べ物が少々高くても獣医さんにかかるコストが軽減して一生のうちには軽々お釣りが来るのではないかとも想像しています。獣医さんのお世話になるといちいちおっそろしく高いですからね。アトピー犬飼ってる友人がいつも嘆いています。

ではまた。

<犬のローフードの話題>
ローフードを検討したきっかけについて。
スローボウルと緑のドロドロ。
犬の好物を覚える。