Monthly Archives: October 2015

The Three Stages of Requesting Dinner

1 Friendly Reminder - 1

Stage One. Klondike is politely asking how I’m doing. Because, you know, he’s concerned about my welfare. What with me forgetting dinner time and all, could be early onset Alzheimer’s.

2 Pyre Paw - 1

Stage Two, well known to Pyrenees lovers as Pyre Paw.

Klondike is politely saying “Hey, Hey! You OK?” because there’s obviously something wrong with me or I would have gotten him dinner. It’s just possible that something in the water has caused a massive fall in IQ and Klonbeast wouldn’t want that for me.

3 snout herd - 1

Stage Three. Desperate times call for desperate measures.

Not having fed him yet I’m clearly in either dangerously bad shape or the slacking beyond belief. In either case it’s time for Nuzzle Herd. This is a last resort, used where all reason has failed and it’s necessary to push some poor excuse for a human in the appropriate direction. I’m not sure it worked… I think Klonbeast got ejected from my study for his efforts. The good news is he also got fed shortly afterwards, so all was right with the world in the end.

Advertisements

犬の動作の読み方。

doglanguage

シロクマ通信です。

ウェブをうろうろしていたら、こんなのみつけました。犬の動作の読み方チャート。おお確かにそうだよね、とは思いますが、それはよそのお宅の犬についてであって、なんだかうちのシロクマにはあてはまらない動作が多いのです。

たとえば上から2段目の三つ目、ストレスを感じているときの鼻ぺろりなんて見たことありません。いやまてよ、そもそもストレスなんて感じるのか、あの犬?

上から3段目右からふたつめのお願いポーズも見たことない。うちではお願いではなくて「時間だからさっさとご飯の支度してください」という要求です。鼻面で人間をつついてキッチン方向へ誘導します。平気で力入れてきますので人間がボンヤリしていたらよろけます。この種の誘導は牧羊犬タイプの犬によくある動作だと聞いています。

下から2段目左のお帰りストレッチも見たことない。一番最後の気持ちいいときの舌出しも知らない。うちのシロクマが特殊なんじゃなくて、大型犬はモデルのボストンテリアみたいな小型犬とは動作が一部違うんじゃないかという気がします。

大きい犬飼ってる人に聞いてみたいところです。しばらく一緒に暮らしているうちにお互いテレパシー使えるようになって犬と人間のコミュニケーションには問題がほとんどなくなるので、こういうチャートに頼るまでもないんですけど。

あ、そうだ。ついでに。猫派のみなさんにはこのチャート。これは全部賛成。

kitties_0

ではまた。

When life gives you cabbage… Klondike’s food blog

sauerkraut

Mr. Klondike has generously taken time out of his busy schedule to personally write the following entry:

I am particularly partial to the smell of fermented foods.

Cheese is an excellent example. I can detect it coming out of the fridge even while in deep slumber upstairs. I run down the stairs to remind my Catering Department (aka Mieko) that she needs to let me taste a new variety. The best kinds are overripe and gooey. They smell like my version of heaven.

I love miso and soy sauce, too, but Catering doesn’t let me lick much because of some problem that has to do with too much sodium. It’s her problem, though. I am totally fine with them. I’d definitely explore more if she’d let me.

Then there’s the stuff she takes out of the fridge, takes off the lid and makes a face, then throws away. Those things smell reeeeeaaaalllly intriguing! But she always says something about people standards in our household when I ask for samples and never lets me have any.

Today, I discovered a new thing, and it is made of cabbage. I have tasted cabbage stems before and didn’t approve. Boring. Strangely crunchy. I didn’t see the point.

However, this time it was wonderful. Catering told me it was called sauerkraut, and that it had partially been eaten by little bugs that break up the cabbage cells. She had made a small batch to feed herself and my friend and Agent, Bill. I would like some more, too, but not with salads, please.

Probiotics, yea!

Rating: ★★★★★

Comment: More!

_______

Note from Catering: Sorry, Klonbeast, sauerkraut is another case of too much sodium. I know because I made it. Very small samples only for you. How about some organic apple cider vinegar?

シロクマのスクリーンデビュー

Camera Crew Setting Up For A Steadicam Shot

シロクマ通信です。

英語版のほうをご覧のみなさんはもうとっくにご存じでしょうが、シロクマ、とうとうスクリーンデビューしました。(日本語化が遅れてすんません)

えーっ! やっぱりあちこちへ売り込んでたのね〜!

とお思いかもしれませんが、違います。たまたま7月の猛獣ショー「火災と地震対策特別シンポジウム」を観た人が映像関係のお仕事で、コマーシャルに出ませんか、と声をかけてくださったのです。まあつまり才能があると必ず認められるということですね。あはははっ。

クライアントさんは Thinkin Blue™という会社です。ブルーカラーの仕事をしている人たちのためのネットワーキングのサイト、つまりLinkedInみたいな感じのビジネスだということです。まだサービス開始してないんで、私もよく知りません。昔は警備の仕事をしていた市民犬クロンダイクにふさわしい役どころじゃないですか。光栄です!

ビルはこの日、平日だってのに撮影のために丸一日費やしました。シロクマは平常心で現場へ行きましたが、ビルは大興奮してました。もうしばらくその話ばっかり。ステージパパの素質があったとは知らなんだ。

まあでもね、うれしいのはわかります。撮影のとき、少し離れた場所からでもきちんと指示を聞き分け、ピシッとお座りしたり立ったり歩いたりしてクルーに感心され、さんざ訓練してきたのが全部報われた。これは自慢したいでしょうし、していいと思います。

それに白いと目立つんです。あと二頭いた犬は小さかったこともありますが、なんせ真っ白の威力はすごくて存在感が違う。完全にスターだったそうです。同じ役柄で犬が3頭いるなかで、クロンダイクだけが特殊におりこうさんだったし人気だったし目立っていたし…

華があるっていうんですか、こういうの?

というわけで私もうれしいのでした。

Mr. Klondike takes a few minutes between takes to get into character
役作りのためにみんなから離れて集中するシロクマ。
Klondike and I run through some of his lines
ビルを相手に台詞の練習をするシロクマ。

ぽんぽん痛い。多分。

IMG_7255

シロクマ通信です。

シロクマ、今日はお腹の調子が悪く、エビオス飲んでおとなしくしています。なんにも言わないからわかりにくいのですが、これはお腹痛いと思います。お散歩も休んでいます。

だからさあ、道ばたで変な物拾って食べるなって言ったじゃんよ。まったくもう。

英語なんでお気づきでないかもしれませんが、最近シロクマの食べ物ブログがはじまってるのですよ。

鱈の皮とかサンドイッチとかラクダとか食べたレポートです。

まあシロクマが食べ物に関して言うことなど「味見さしてください」と「もっと!」以外にほとんどないので、さほど面白くはないような気がしますが、なにしろヤツは食べ物への関心がものすごーく高いもので。

またすぐ書きます。こないだコマーシャルに出演したときの報告の日本語版作らないといけないし。

では。

On The Set With Klondike & Thinkin Blue™

Camera Crew Setting Up For A Steadicam Shot
Camera Crew Setting Up For A Steadicam Shot

Klondike’s first gig was agricultural security guard in Bakersfield, watching livestock. He retired at age one (with some help from the wonderful people at Rocket Dog Rescue) and came to Berkeley to pursue a career in liberal arts and entertainment.

Since coming to the Bay Area, Klondike has dedicated himself to live performances and photo modeling, with some napping, snacking, swimming, running with other large dogs, and cat/squirrel/raccoon chasing on the side. But when approached to shoot a commercial for Thinkin Blue™, a networking site for blue collar workers, he literally jumped at it.  The site is just entering beta but you can bet when it goes live The Klon will be on it, reconnecting with his old security guard buddies. Or may he may nap under my desk. Definitely one of the two.

Big shout-out to BravoPup for the training (both mine and Klonbeast’s) that made this possible.

Here are a few more pictures from the shoot. I’ll post other pictures as I get them, and hopefully I’ll be able to post the finished ad before too long.

Mr. Klondike takes a few minutes between takes to get into character
Mr. Klondike takes a few minutes between takes to get into character
Klondike and I run through some of his lines
Klondike and I run through some of his lines