運命の瞬間

 

 

Rocket Dog Pic 2015-07-29_0013
この場所、この時。写真は chickpeaphotographystudio.com から拝借しました。

シロクマ通信です。

英語版のほうでビルが昔話をしたがっているので、つきあうことにしましょう。2014年の7月19日土曜日。近所で犬猫にお家を探す大きなイベント(要するに捨て猫や犬を飼いませんか、というイベント)があり、それに彼が行きたがっていた。参加レスキュー団体35超、参加動物300頭超。アメリカの動物愛護に対する熱の入り方が分かるね、という催しです。

もたもたしていたので到着したのはイベント終了時刻の1時間ほど前でした。常識的に言えば、そんな遅くに見たのでは「いい犬」「いい猫」はもうみんな行き先がきまっていそうなものですが…。

白くて大きい生き物がいて、「あの犬」と思い、あっという間に申込用紙に記入している私がいました。ビルは驚いていました。東京からアメリカへ引っ越してきて13年、犬が欲しいなと言いながら、なんだかんだ言って犬を飼う時期を遅らせてきたのは私だったからです。それがろくに見もしないうちに迷いなく決めている。人生なにがあるかわからんものです。

申込用紙に記入して、お試しにイベントの周りの地域を2人と一匹で散歩して、あれよあれよという間にビルは担当者に愛想を振りまき、私は更なる用紙、契約書みたいなもんですかね、に犬の居住環境その他について書き込んでいました。

IMG_4913

手続きを終えて、犬を車に乗せました。犬の首のあたりには苦労のためか栄養失調のためか、大きなハゲがありました。下の写真で私が情けない顔をしているのは犬を飼うのが厭だからではなく、40キロ超の犬が不安で後部座席から前へ移動してきてストレスで変なヨダレをダラダラたらして私の肩から胸にかけてぐっしょり濡れてしまったのが蒸発して身体の半分がヘンテコに冷え、更に爪が下腹に食い込んで動けないのが苦しかったからです。犬を飼う苦労のはじまり…みたいな。

IMG_4915

そして下の写真が、イベントの帰りに立ち寄ったペット用品店のレシート。犬を一匹飼うために必要な品々…あきれるほどたくさんあります。この日の出費は600ドル超。昔なら必要じゃなかったような「犬のおもちゃ」とか「犬の歯磨きセット」みたいなものは買わなかったのにこの値段です。なんたることよ。このお店はその後クロンダイクの大好きな場所になり、年がら年中立ち寄ることになるのですが、このときにはそんなことを知るよしもなく。

IMG_4924さて次は犬に名前をつけなければなりません。

シロクマみたいな大きな犬の名前は簡単でした。♪ What would you do for a Klondike Bar? ♪ というアイスクリームのコマーシャルソングを思い出し、この日の出費と今後この命を預かることに対する責任の重さを想像したら♪クロンダイクのために何をする♪という歌はぴったり。名前はクロンダイクに決まりです。ロゴのシロクマに似てますし。クロンダイクというのは地名でもあり、カナダの北西部、アラスカとの境の近くにある場所です。行ったことないんでわかりませんが、ウェブで写真を見る限り自然の豊かなところのようですよ。

そして獣医さんを探さねばなりません。とりあえず基本の健康診断は翌日にでも必要です。でも今後とも信頼できる所がいいのは間違いありません。今まで関係ない分野だったので何にも知らない。どうやって探すのか? この件、ビルが知恵をしぼりました。

また書きます。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s