Monthly Archives: January 2018

Mr. Klondike’s Excellent Christmas ’17

For the third year, Mr. Klondike packed his bowls and treats and then jumped into the Klonmobile for twelve days of sight sniffing, family time, and of course snacking as we head down the coast of California from Berkeley to visit my mom in San Diego.

Christmas2017-map.jpg

There are people who think constant, compulsive picture taking of their dog is insane. They are probably right. In fact, here’s some proof…

At San Diego’s Fiesta Island.

s(3 of 58).jpg

Klondike is too sexy for Milan, New York or Japan but he’s crushing it here at San Diego’s Del Mar North Beach.

s(13 of 58).jpg

Mr. Klondike models his car vest, a Kurgo brand crash-tested safety harness, at beautiful La Jolla Cove. The vest hooks to the seatbelts in the Klonmobile. We’d all rather the force of a sudden stop be absorbed by the seat belt and then spread out evenly over Klondike’s chest, not throw him through the windshield or into other occupants.  Note: hidden in the rocks is a member of Mr. Klondike’s talent management team, protecting him from spies looking to steal his health and safety technology.

s(7 of 58).jpg

Mr. Klondike inside a dinosaur egg at Pismo Beach. Yes, we shared a very similar picture last year, but he looks so happy we had to share this one too.

s(55 of 58).jpg

Our friend the furry citizen seems to love the water. He doesn’t love swimming as much as some dogs (though he’s happy to swim, especially if hot) but getting wet, shaking with full force and then rolling in mud or sand is a favorite pastime. We learned long ago that you could have a happy dog or a clean car but not both. And of course, nothing beats having a happy dog.

This is what Mr. Klondike looked like as we passed through the agricultural Central Coast. The window was cracked (and often down) so Klondike could sniff.

sIMG_2055.jpg

We frequently describe Klondike as having retired from agricultural security at age one to pursue liberal arts in Berkeley. It’s a bit silly (of course), but it’s also essentially true.

Klondike came to the Bay Area thanks to the good graces of Rocket Dog Rescue.  Rocket Dog rescued him from a shelter in Bakersfield, an agricultural community that probably smelled much like those we are passing through above. We understand that he was in the shelter with another dog believed to be his brother. How they came to the shelter is less clear, but we are pretty sure Klondike’s first year or so was spent as an outdoor ranch dog. Before reaching the shelter he probably lived with other dogs like himself, likely including his parents and siblings. Does he remember that life? Does he miss it? Does he miss them?

Looking at Klondike’s face it easy to imagine that he is in a pensive, melancholy mood thinking about his previous life, maybe even his original family.

He’s very healthy. We think he’s happy and aware that he’s much loved.  But a tiny part of us will always wonder if there is more we can do for him.

 


Some Miscellaneous Trip Pics

Klondike’s cousin Tommy. Tommy arrived in San Diego with his brother and dad a few days after us. And being a young man of great taste, he walked in the door wearing his Klondike T-Shirt.

sTommy Klon Shirt.jpg

This is the front of the T-shirt. We made a bunch of these in various sizes as part of the flurry of excitement that marked Klondike’s first year with us. However, over the years we’ve either used or given away many of the shirts. Probably time for a new design and printing run!

sIMG_2062.jpg

 

sHenry Candy Bento.jpg

This is Tommy’s older brother Henry with the ultimate blend of East and West, a nearly perfect rendition of a traditional Japanese bento boxed lunch but made with candy.  The gift was scored by Mieko in Tsukiji on her last trip to Tokyo and earned a coveted “So Cool!” rating from Henry.

This my brother Matt, Henry and Tommy’s father and Klondike’s uncle. My late father was an anthropologist. Here Matt is unloading the 19 boxes of anthropology books our mom donated to the San Diego Public Library from my father’ collection.

 

s(22 of 58).jpg

Here’s a shot of the some of the boxes as we get the books ready for donation.

s(28 of 58).jpg

Below Mieko is helping my mom downsize her spice collection. Mieko started the project figuring that a lot of the bottles held the same things so she could easily get rid of the 2/3s of them. Nope. My mom is incredible. There was zero redundancy. In the end, Mieko was able to reduce the collection about 20% by targeting older stuff that had lost its punch.

s(29 of 58).jpg

Did some cleanup in my old room. Among the artifacts that surfaced was a subscription to The National Lampoon I received as a Christmas gift in 7th grade. It was a life-changing introduction to adult humor. Thanks mom and dad – love you!

s(27 of 58).jpg

Two more treasures from junior high and high school. My beloved Daisy BB pistol, bought during a trip to South Africa, and one of several boxes of electrical/electronic parts

 

s(32 of 58).jpg

Tommy, Klondike, and my mom. In the background are items ready to depart the house as part our early Spring Cleaning.


During this year’s trip, we visited three new dog parks. More Mesa in Santa Barbara, Carlsbad Lagoon Dog Beach in San Diego and Fiesta Island Dog Park in San Diego. They were all great. Here’s a quick summary –

More Mesa Beach is a narrow beach hidden away below the bluffs of More Mesa Park in Santa Barbara. To get there you’ll go through a ridiculously narrow trail, pass a whole bunch of private property warnings before coming to barren plain.  Go over the plain towards the ocean and you’ll find a steep set of steps to the beach. It’s quiet and Klondike had a wonderful time running up and down. But between the bad access and the lack of anything but a narrow beach, we’d suggest spending time at the nearby Douglas Family Reserve (a pic or two from a previous trip here).

Klondike at the top of the More Mesa steps

s(45 of 58).jpg

The steps look broken but they were fine to walk on

s(46 of 58).jpg

Klondike tearing around More Mesa

 Klon More Mesa.jpg

 

Fiesta Island Dog Beach is a large, open slice of Fiesta Island, an artificial island in San Diego’s Mission Bay. Even bigger than the Bay Area’s Point Isabel (if not quite as pretty), it’s a wonderful place for dogs to run, swim, sniff, and socialize. We made it there twice during our visit and if we lived in San Diego we’d absolutely be regulars.  http://diegodoggies.com/fiesta-island/

s(20 of 58).jpg

Carlsbad Lagoon Dog Beach is the small, undistinguished strip of beach facing Carlsbad Lagoon (also known as Agua Hedionda lagoon). The lagoon is very popular with kayakers, paddle boarders and the like. The “dog beach” name aside, leashes are required (though Klondike may or may not have been able to read that sign) and dogs are not allowed in the water. However, it is less than a mile from the freeway (Exit 49 from I5 in Carlsbad) and not a bad place to stretch your legs (all four of them) if you are heading towards San Diego and have been in the car a few hours. Sorry- no pics.   https://goo.gl/maps/gECghvxGCjq

 


And to wind the post up, a few shots from Santa Barbara’s dog-friendly The Goodlands Hotel  where we stayed (again) on our trip back to the Bay Area.

When we got back from dinner, we found our white sheets decorated with the below. Usually we are good about paw washing, but looks like it didn’t happen this time. Needless to say, we tipped the maid extra well.

sIMG_2048

At home we are strict about not allowing Klondike on furniture and he’s good about not getting up. But… we allow it on vacation and Mr. Klondike seems to enjoy being on the same level as his humans.

This is January 1, first morning of 2018.

 

sIMG_2050.jpg

A Happy New Year!

s(8 of 58).jpg

Thank you for reading this far!

Advertisements

恒例クリスマス旅行、2017年版

あけましておめでとうございます。シロクマ通信です。

もう3回目になる南カリフォルニア、サンディエゴへの旅の写真です。今年はクリスマスを過ごすだけでなく、秋頃に引っ越しを予定しているおばあちゃんちを片付けるという目的があったので、少々長めの12日間でした。

Christmas2017-map.jpg

写真をたっくさん撮りました。もちろん犬の写真ばかり。子供しか写っていない写真の年賀状を送ってくる人たちのことを理解できなかった若い頃の私は何もわかっていなかった。

特別ハンサムに写ってるのはフィエスタ・アイランドで撮ったこれかな?

s(3 of 58).jpg

いや、デル・マーで撮ったこれかな?

s(13 of 58).jpg

これもいいなあ。残念ながら変な人がうつりこんでますけど…せっかくラホヤの海がバックなのに。こういう関係ない写真にわざと写り込むいたずらをアメリカではフォトボム photo bomb と言っています。既に日本語になってますかね?

s(7 of 58).jpg

ピスモビーチの公園で、また恐竜の卵から生まれてみました。去年も似たような写真を撮りましたが、シロクマがうれしそうなのでお見せします。

s(55 of 58).jpg

水辺の写真が多いです。市民犬クロンダイクは海が大好きなのです。特に好きなのは海水浴のあとぶるぶるっと水を振り払ってから乾いた土の上でごろごろすることです。それをされると白かったはずの犬があっという間に土色のドロドロになるわけですが、犬の喜び=飼い主の喜び。全身で表現される幸福を見て私たちも白に戻す手間のことは忘れて良かったねと笑っています。

101号線で南北に長いカリフォルニアを移動し、中部あたりの農業地帯へさしかかると、シロクマはいつもこんな感じになります。

sIMG_2055.jpg

犬が何を考えているのかはわかりませんが、この愁いをふくんだ顔、ふるさとを想っているのではと想像しています。

クロンダイクはレスキュー団体に保護される前はカリフォルニア中部のベイカーズフィールドにいたのだということがわかっています。シロクマはグレート・ピレニーズとアナトリアン・シェパードのミックスです。どちらも護畜犬。害獣から羊や山羊や鶏やらを守るのが仕事の犬種です。ベイカーズフィールドは畜産も盛んな地域ですから、牧場でそういう犬として両親や兄弟たちと育ったに違いありません。今回ベイカースフィールドの近くは通らなかったのですけれど、それでもなつかしいにおいがたくさんするのかもしれません。

うちへ来て、シロクマは幸せでしょうか。私たちにできることはみんなしているつもりですが、はたしてそれで充分でしょうか。充分な状態なんて一体可能でしょうか。(…犬バカですがそういうブログなんでご勘弁ください。)

 


 

旅の写真、そのほか色々。

これはシロクマの従兄弟、トミーです。私たちより2日遅れておばあちゃんちに到着。たまたま着ていたTシャツが、なんとシロクマ印。わーい。

sTommy Klon Shirt.jpg

Tシャツ前面です。クロンダイクがうちに来て一年目の大興奮していたころに、色んなサイズでたくさんプリントしてもらったもの。そろそろ在庫が底をついてきたので新しいのをデザインしなくちゃ。

sIMG_2062.jpg

トミーは4歳のシロクマよりもはるかに年齢が上ですが、人間の12歳ですから行動パターンはまだ半分子供です。シロクマははしゃぎ回るトミーと楽しく遊びながらも、時々大人っぽく「この子どうにかなんないの?」という顔をしていました。犬と人間の命の速度は違うのです。

sHenry Candy Bento.jpgこちらはトミーのお兄ちゃん、ヘンリー。手に持っているのは私が東京へ行ったときに築地で買ったお弁当型の飴セット。なんだよこりゃあ、ほんとにこれ一個ずつ手で作ってるの? クレイジー! ソークール! と好評。

次の写真はクロンダイクのおじさん、マットです。オットの弟。サンディエゴ図書館へ文化人類学関係の本ばかりどっさり寄付した図。クロンダイクのおじいちゃんは文化人類学者だったのでした。

s(22 of 58).jpg

いくら箱があっても足りない。

s(28 of 58).jpg

下はキッチンの棚からあふれていたハーブとスパイス類の瓶のコレクションを縮小しようとしている私の図。おばあちゃんすごいです。これだけ数があるのに重複がない。全然ない。尊敬します。きっと簡単に3分の1くらいの量まで減らせるのではと予想していた私が甘かった。最終的には古い物を捨てて2割くらいは減らしましたが、いやはや。

s(29 of 58).jpg

オットの子供時代のコレクションも処分しました。

s(27 of 58).jpg

ナショナル・ランプーン誌は若者向けのユーモア雑誌で90年代の終わりに廃刊になっています。なんでもアリのコンテンツは私の趣味ではありませんが、オットの悪ふざけの傾向と対策を理解するには役に立つかも…。オットのもうひとりの弟ボブの部屋からはこれも若者向けユーモア雑誌マッド・マガジンがどっさり出てきています。そういうガキどもがいる家だったのだと理解を深めました。

まあというわけで一山片付けをしたのですけれど、こりゃあ先が長いな、とはっきり理解しました。今年は何度も来る必要がありそうです。

s(32 of 58).jpg

背景に鍋釜類が山積みになっているのは必要なものとそうでないものを仕分けしている最中だからです。不要なものを処分してもまだ私の台所の3倍くらいの量のブツがあります。繰り返しますが、先が長いです。おうちが広いというのも良し悪しだなあ…。この種の片付けは一気にやろうとせずに人生の節目節目で少しずつ納得がいくようにするのが正しいです。自戒を込めて書いておきます。

 


 

今回の旅で新しく行ってみたシロクマ用の公園は3ヶ所。サンタバーバラのモア・メサ公園、カールスバッドのラグーン公園、サンディエゴのフィエスタ・アイランド公園。みんないい所でした。それぞれの公園の感想を長々と書いてみたくなりますが、今回のエントリは既に長すぎるのでやめておきます。それぞれ写真と一言だけ。

サンタバーバラ近くのモア・メサ公園。なんにもない高台の原っぱから急な崖の階段を下りていくと、これまたなんにもないビーチ。静かでサイコー。シロクマ大興奮。ただし公園にたどりつくためには車を停められる場所から獣道みたいな細いところをしばらく歩かなきゃなりません。アクセス悪すぎ…。去年の旅レポートでご紹介した、近くのダグラス・ファミリー・プリザーブ公園のほうが好きです。 https://www.californiabeaches.com/beach/more-mesa-beach/

s(45 of 58).jpg

崩れかかった階段が実にいい感じ。

s(46 of 58).jpg

サンディエゴのフィエスタ・アイランド公園。巨大。シロクマの本拠地、サンフランシスコベイエリアにあるポイント・イサベル公園よりも大きいと思われます。オフリーシュで犬を走らせることができて海水浴も可能。すんばらしいです。近所に住んでたら絶対常連になってる。 http://diegodoggies.com/fiesta-island/

s(20 of 58).jpg

そして残念ながらいい写真がないのですがカールスバッドのラグーン公園。これは場所からいって塩水の潟だと思うのですがなめてみなかったので不明です。ちょっとビーチがあって水が静かで小さな感じのいい公園。近所に住んでいればちょくちょく寄りたい感じの場所。ただしグーグルマップにカールスバッド・ドッグ・ビーチって名前が出てるのに犬はつないでいないとダメと書いてあって残念なことです。罰金は250ドルとかウェブに出ています。ひええ。写真がないのは犬の綱を持っていて手がふさがっていたからかも。  https://goo.gl/maps/gECghvxGCjq

 


 

さて、そんなこんなで旅の終わり、元日の夜。帰りのドライブの途中で寄ったお馴染みの犬OKなグッドランド・ホテル。私たちが食事から戻って来たら真っ白なシーツにポツポツと梅の花が咲いていました。ガーン。

sIMG_2048

ホテル到着直前に近くの公園で遊びまくったあと、まだシロクマの足をきれいにしていなかったのでした。家では家具に乗ってはいけないと決まっているのでこんなことはしない犬ですが、このホテルへ来ると人間と一緒に寝ていいことになっているのを覚えていての梅印でした。新年早々、めでたい…としか言えません。

そして翌朝の光景。

sIMG_2050.jpg

そういうわけで、今年もよろしくお願いいたします!

s(8 of 58).jpg

長々とお読みくださりありがとうございました。また書きます。今年もよろしくお願いいたします。