Tag Archives: クリスマス

恒例クリスマス旅行、2017年版

あけましておめでとうございます。シロクマ通信です。

もう3回目になる南カリフォルニア、サンディエゴへの旅の写真です。今年はクリスマスを過ごすだけでなく、秋頃に引っ越しを予定しているおばあちゃんちを片付けるという目的があったので、少々長めの12日間でした。

Christmas2017-map.jpg

写真をたっくさん撮りました。もちろん犬の写真ばかり。子供しか写っていない写真の年賀状を送ってくる人たちのことを理解できなかった若い頃の私は何もわかっていなかった。

特別ハンサムに写ってるのはフィエスタ・アイランドで撮ったこれかな?

s(3 of 58).jpg

いや、デル・マーで撮ったこれかな?

s(13 of 58).jpg

これもいいなあ。残念ながら変な人がうつりこんでますけど…せっかくラホヤの海がバックなのに。こういう関係ない写真にわざと写り込むいたずらをアメリカではフォトボム photo bomb と言っています。既に日本語になってますかね?

s(7 of 58).jpg

ピスモビーチの公園で、また恐竜の卵から生まれてみました。去年も似たような写真を撮りましたが、シロクマがうれしそうなのでお見せします。

s(55 of 58).jpg

水辺の写真が多いです。市民犬クロンダイクは海が大好きなのです。特に好きなのは海水浴のあとぶるぶるっと水を振り払ってから乾いた土の上でごろごろすることです。それをされると白かったはずの犬があっという間に土色のドロドロになるわけですが、犬の喜び=飼い主の喜び。全身で表現される幸福を見て私たちも白に戻す手間のことは忘れて良かったねと笑っています。

101号線で南北に長いカリフォルニアを移動し、中部あたりの農業地帯へさしかかると、シロクマはいつもこんな感じになります。

sIMG_2055.jpg

犬が何を考えているのかはわかりませんが、この愁いをふくんだ顔、ふるさとを想っているのではと想像しています。

クロンダイクはレスキュー団体に保護される前はカリフォルニア中部のベイカーズフィールドにいたのだということがわかっています。シロクマはグレート・ピレニーズとアナトリアン・シェパードのミックスです。どちらも護畜犬。害獣から羊や山羊や鶏やらを守るのが仕事の犬種です。ベイカーズフィールドは畜産も盛んな地域ですから、牧場でそういう犬として両親や兄弟たちと育ったに違いありません。今回ベイカースフィールドの近くは通らなかったのですけれど、それでもなつかしいにおいがたくさんするのかもしれません。

うちへ来て、シロクマは幸せでしょうか。私たちにできることはみんなしているつもりですが、はたしてそれで充分でしょうか。充分な状態なんて一体可能でしょうか。(…犬バカですがそういうブログなんでご勘弁ください。)

 


 

旅の写真、そのほか色々。

これはシロクマの従兄弟、トミーです。私たちより2日遅れておばあちゃんちに到着。たまたま着ていたTシャツが、なんとシロクマ印。わーい。

sTommy Klon Shirt.jpg

Tシャツ前面です。クロンダイクがうちに来て一年目の大興奮していたころに、色んなサイズでたくさんプリントしてもらったもの。そろそろ在庫が底をついてきたので新しいのをデザインしなくちゃ。

sIMG_2062.jpg

トミーは4歳のシロクマよりもはるかに年齢が上ですが、人間の12歳ですから行動パターンはまだ半分子供です。シロクマははしゃぎ回るトミーと楽しく遊びながらも、時々大人っぽく「この子どうにかなんないの?」という顔をしていました。犬と人間の命の速度は違うのです。

sHenry Candy Bento.jpgこちらはトミーのお兄ちゃん、ヘンリー。手に持っているのは私が東京へ行ったときに築地で買ったお弁当型の飴セット。なんだよこりゃあ、ほんとにこれ一個ずつ手で作ってるの? クレイジー! ソークール! と好評。

次の写真はクロンダイクのおじさん、マットです。オットの弟。サンディエゴ図書館へ文化人類学関係の本ばかりどっさり寄付した図。クロンダイクのおじいちゃんは文化人類学者だったのでした。

s(22 of 58).jpg

いくら箱があっても足りない。

s(28 of 58).jpg

下はキッチンの棚からあふれていたハーブとスパイス類の瓶のコレクションを縮小しようとしている私の図。おばあちゃんすごいです。これだけ数があるのに重複がない。全然ない。尊敬します。きっと簡単に3分の1くらいの量まで減らせるのではと予想していた私が甘かった。最終的には古い物を捨てて2割くらいは減らしましたが、いやはや。

s(29 of 58).jpg

オットの子供時代のコレクションも処分しました。

s(27 of 58).jpg

ナショナル・ランプーン誌は若者向けのユーモア雑誌で90年代の終わりに廃刊になっています。なんでもアリのコンテンツは私の趣味ではありませんが、オットの悪ふざけの傾向と対策を理解するには役に立つかも…。オットのもうひとりの弟ボブの部屋からはこれも若者向けユーモア雑誌マッド・マガジンがどっさり出てきています。そういうガキどもがいる家だったのだと理解を深めました。

まあというわけで一山片付けをしたのですけれど、こりゃあ先が長いな、とはっきり理解しました。今年は何度も来る必要がありそうです。

s(32 of 58).jpg

背景に鍋釜類が山積みになっているのは必要なものとそうでないものを仕分けしている最中だからです。不要なものを処分してもまだ私の台所の3倍くらいの量のブツがあります。繰り返しますが、先が長いです。おうちが広いというのも良し悪しだなあ…。この種の片付けは一気にやろうとせずに人生の節目節目で少しずつ納得がいくようにするのが正しいです。自戒を込めて書いておきます。

 


 

今回の旅で新しく行ってみたシロクマ用の公園は3ヶ所。サンタバーバラのモア・メサ公園、カールスバッドのラグーン公園、サンディエゴのフィエスタ・アイランド公園。みんないい所でした。それぞれの公園の感想を長々と書いてみたくなりますが、今回のエントリは既に長すぎるのでやめておきます。それぞれ写真と一言だけ。

サンタバーバラ近くのモア・メサ公園。なんにもない高台の原っぱから急な崖の階段を下りていくと、これまたなんにもないビーチ。静かでサイコー。シロクマ大興奮。ただし公園にたどりつくためには車を停められる場所から獣道みたいな細いところをしばらく歩かなきゃなりません。アクセス悪すぎ…。去年の旅レポートでご紹介した、近くのダグラス・ファミリー・プリザーブ公園のほうが好きです。 https://www.californiabeaches.com/beach/more-mesa-beach/

s(45 of 58).jpg

崩れかかった階段が実にいい感じ。

s(46 of 58).jpg

サンディエゴのフィエスタ・アイランド公園。巨大。シロクマの本拠地、サンフランシスコベイエリアにあるポイント・イサベル公園よりも大きいと思われます。オフリーシュで犬を走らせることができて海水浴も可能。すんばらしいです。近所に住んでたら絶対常連になってる。 http://diegodoggies.com/fiesta-island/

s(20 of 58).jpg

そして残念ながらいい写真がないのですがカールスバッドのラグーン公園。これは場所からいって塩水の潟だと思うのですがなめてみなかったので不明です。ちょっとビーチがあって水が静かで小さな感じのいい公園。近所に住んでいればちょくちょく寄りたい感じの場所。ただしグーグルマップにカールスバッド・ドッグ・ビーチって名前が出てるのに犬はつないでいないとダメと書いてあって残念なことです。罰金は250ドルとかウェブに出ています。ひええ。写真がないのは犬の綱を持っていて手がふさがっていたからかも。  https://goo.gl/maps/gECghvxGCjq

 


 

さて、そんなこんなで旅の終わり、元日の夜。帰りのドライブの途中で寄ったお馴染みの犬OKなグッドランド・ホテル。私たちが食事から戻って来たら真っ白なシーツにポツポツと梅の花が咲いていました。ガーン。

sIMG_2048

ホテル到着直前に近くの公園で遊びまくったあと、まだシロクマの足をきれいにしていなかったのでした。家では家具に乗ってはいけないと決まっているのでこんなことはしない犬ですが、このホテルへ来ると人間と一緒に寝ていいことになっているのを覚えていての梅印でした。新年早々、めでたい…としか言えません。

そして翌朝の光景。

sIMG_2050.jpg

そういうわけで、今年もよろしくお願いいたします!

s(8 of 58).jpg

長々とお読みくださりありがとうございました。また書きます。今年もよろしくお願いいたします。

 

 

Advertisements

2016年、年の瀬旅行

シロクマ通信です。
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

恒例の年末犬連れ旅行の写真集です。

IMG_9996.JPG

家のある北カリフォルニアのバークレーから、おばあゃんちのある南カリフォルニアのラホヤまで車の旅。出発から帰宅まで9日間。去年も同じことをしたので準備が楽とはいえ、けっこう長いです。

寒さの心配はあんまりいらない冬のカリフォルニアですが雨の心配は必要で、出発当日も雲行きを心配していたのですが全行程直撃されずに済みました。犬も車に慣れて、途中ストップの数も少なめでOK。

newterritory-xmas2016

ではハイライトのみ順不同でご覧下さい〜。

20161222-2IMG_8734.jpgピスモビーチの恐竜パークで卵から生まれてみる図。

20161222-8IMG_3762.jpg同じくピスモビーチ、夕暮れ。

20161222-14img_3784サンタバーバラで犬OKのホテルへチェックイン。去年来たのを覚えていたのか早速カウンターでおやつを要求。お姉さん、ちょっとびびってますね。

20161229-67img_4142
白いシーツにまぎれてどこに犬がいるのかわからない!

20161225-39img_3874b
クリスマスの朝。ビルの実家そばのスクリップスピアで。この犬が入ると写真が必ず素敵になる。

20161225-57IMG_3978.jpg同じくクリスマスの朝。プレゼントを開いているおばあちゃんの横でくつろぎまくってます。いびきかいてたかも。ここんちには猫がいるのですがクロンダイクが来るというので猫ホテルに預けてくれて本当にありがたかったです。

20161225-44img_3919b犬がもらったプレゼント。牛の耳です。普段は羊の耳や豚の耳しか買ってもらっていないのでこれは大きい! 万歳!

IMG_9904.JPGちょうど換毛期でタンスの中身全取っ替えですか、みたいなペースで毛が抜ける。おばあちゃんちを毛だらけにしないために日に何度もブラッシングしてるんだけど追いつかない。

20161223-23img_3824b
見苦しい写真で申し訳ありませんが、一週間でこんな感じになります。とんでもないです。あっという間に人間も毛だらけに。

20161225-41IMG_3889b.jpgなんだと? 犬はビーチで遊んじゃいけないだと? 今回、こういう事情でクロンダイクがガッカリする場面がいくつかありました。これはラホヤ・ショアーズ。

20161228-64IMG_4111.jpg
ラホヤ・コーブの散歩。すばらしく素敵な場所なんですが…。

IMG_9943b.jpgまたもや犬ダメの表示。去年も来ているのに気づかなかったのか? 今年は表示が増えたのかも。ガッカリ。

img_9912
握手してます。ペット用品店+カウンター=おやつ。クロンダイク的常識。

img_0054アーバインのスペクトラムという巨大モールのセルフィー用クリスマス的背景と思われる場所で。白くてふわふわな皆さんは南カリフォルニアのピレネー犬のグループ。ほぼ真ん中にいる毛の短いのがクロンダイクです。うちの犬の毛が長かったらと想像すると気絶しそうになります。犬種ごとの集まりは共通の話題がたっくさんあっていいです。犬たちはみんなおっとり。この話は別エントリでまた。

img_0120サンタバーバラ教会で新しいお友達を作っているとパパラッチに取り囲まれた、という場面。クロンダイクにとっては日常的によくあるシーンです。

IMG_0093.JPG古い教会の古いベンチでポーズ。

こんな感じです。家へもどると、去年は疲労困憊して丸2日寝ていた犬なのですが、今年は一日で復活。成長が感じられてうれしいです。

今年もよろしくお願いいたします。