Tag Archives: dog park

Klondike Makes The Front Page and Gets Styled!

small

Read all about it! Klondike was delighted to be featured in the Spring 2015 edition of the PIDO Pointer, the official publication of the Point Isabel Dog Owners Association, courtesy of Marla Miyashiro. Check out the in depth interview with Klondike (really)  – it’s a pretty tail thumping read, if Klondike doesn’t say so himself!

IMG_7141

And speaking of Point Isabel, that’s Klondike you see above taking a restorative swim and dust bath between rounds of gopher digging, ball borrowing and chase playing. I regret not having any good before and after photos of his dirt rolls.  In the course of maybe thirty minutes he went from bright white to brown, to black and cream.

Interestingly, each dip in the water also seemed to raise his energy level. When we first arrived in the park he was in full Pyrenees mode. Polite, friendly, willing to be sniffed and sniff back, but much more interested in a slow and deliberate cruise around the park than vigorously playing with other dogs. Then he went into the water and emerged energized, ready to run and jump with any large dog at the park. Then he went in again and came out yet more pumped, and ready to run any dog who would play. It was pretty amazing watching his energy meter fill up!

And while there is no greater pleasure than watching a happy dog, having a wet, dirty dog to transport home by car is not what most people would consider a fun activity.  And to make matters worse, I had forgotten to bring a beach towel with me. So my choices were putting a sopping wet, muddy dog in the back of the car, or rinsing Klondike off with the hose, which he hugely dislikes, and then putting a clean(ish) but soaking wet dog in the back seat.

After some thought, I chose plan C.

Kate and Klondike at MudPuppiees

Mud Puppies Tub ‘n Scrub, the on-site groomers at Point Isabel and home to Katie, one of Klondike’s personal stylists. Yes, that is Katie you see above in the purple apron, Klon you see in the white fur and Klondike’s picture decorating the wall.

Klondike’s life is not limited to press interviews, outdoor sports and beauty treatments. He also has a very serious side. He’s back in school, enrolled in  BravoPups! Talent class, a basic introduction to performance.

IMG_6993 (1)

This is Klondike getting ready to catch a swinging trapeze

Klondike with Sandi - Ta Da tricks class

And this is Sandi of BravoPup! doing some one-on-one instruction with Klon. Gotta give the beast credit.. he knows how to stay hungry and focused!

Advertisements

犬かつぎ!

シロクマ通信です。日本語版、しばらくさぼっててごめんなさい。

これはすんごい楽しそうな公園遊びのビデオですが、30秒付近に特別素晴らしいシーンが。市民犬クロンダイクがチベタン・マスティフをかついで歩く図。ぜひご覧くださいませ。

私はこの日は一緒にいなかったのですけど、この調子で一時間飛ばしまくったらしいです。うまい具合にサイズと体力の釣り合いが取れていて性格的にも相性があう犬が複数いることってなかなかないので、帰ってきたクロンダイクは満足そうな顔をしていました。夕ご飯バクバク食べました。

犬が幸せそうなのを見るのが一番幸せです。

ではまた〜。

Only Dogs Understand Why Motorcyclists Ride

Berkeley Klon

Klondike typically rides in the car with back feet on the rear seat and front feet on the center console. But today he decided to mainline Berkeley’s spring air right into his nostrils. As driver and guardian I felt a bit nervous about having his head out the window, but as a motorcyclist I kind of get the thrill.

アルバニー・バルブ散歩

シロクマ通信です。

新年。素晴らしくお天気がよいんで、はじめてアルバニー・バルブへ行きました。ポイント・イサベル同様、海際にある元埋め立て地の公園です。19世紀からバサバサと廃材だのゴミだのを捨てていた場所を1960年代に入ってから自然保護団体が「サンフランシスコ湾を守れ!」と州政府に働きかけて埋め立てを止め公園化に成功したんだそうで。ありがたいことです。

シロクマ、走ってます。

IMG_6235-s

リコール訓練まだまだ続いているのです。何がなんでも絶対来る犬になっているとは言えませんが、反応速度がかなりあがりました。前だったら「ふふん」と無視して遊びを続けていたような場面で、くるりと方向転換してダーッと走って戻って来ます。よしよし。この調子。

訓練が一段階するまで水泳はおあずけです。足先だけ水につけました。

IMG_6212-s

IMG_6230-s

地の利を生かしてガラクタで作ったアートがあちこちにあるのが特徴のこの公園、市民犬はあまり美術には興味がないのですが…。

IMG_6211-s

この作品だけは見た瞬間に嫌いだったらしく近くへ行くのもいやそうでした。ほら怖くないよ、と叩いて音を聞かせました。そんなんで怪物じゃないってわかったかどうか不明ですけど、犬にもパワフルな形が伝わるものなんでしょうかね。犬アートの可能性について考えちゃいますね。

IMG_6979-s

かすんで見えてるの、サンフランシスコです。向うまでの距離は多分10キロくらいです。

IMG_6989-s

車にもだいぶ慣れました。これは家に帰ってきたところ。首全部窓から突き出していたのはこの日が初めて。まあ普段は危ないので窓ちょっとしか開けないのですけどね。

今年もよろしくお願いいたします。

脱走事件、呼んでも来ない、そうかと思えば来る。

シロクマ通信です。

もう12月なんですね。感謝祭でバタバタしてたらすっかり日本語版が後れを取ってしまいました。一気に追いつきます。

報告1) 脱走事件。

感謝祭前日のお昼ごろ。私はキッチンにお鍋をかけっぱなしにして近所のスーパーへ買い物に行き(ごめんなさいごめんなさいごめんなさい)煙もくもく火災報知機ビービーという事態になりました。運良くオットが家にいたもので、なんだなんだわあわあと、裏の戸を開けて犬をまず外へ出し、状況の把握をして扉と窓を次々に開けていたら…

シロクマ、玄関からトコトコ脱走しました。オットは気づきませんでした。

お向かいの家の人が「あらクロンダイクこんなとこで何してるの」と呼び寄せ、旦那さんが犬を押さえている間に奥さんがオットを呼びに来ました。オットはまだ窓をあけたりしてバタバタしています。

え、犬がお宅にいるって、とあわてて見に行くと確かにうちの犬です。庭に出したはずなのにいつの間に。

お向かいの旦那さんが「ほらビルのとこへいきなよ」と犬を放したら、そのままくるりと反対向いて、トコトコ走って離れていきます。

こら! クロンダイク! こっちへ来なさい!
叫べども叫べども犬は早足で離れていきます。呼ばれてるのは分かってる証拠に時々振り返っている。呼ばれてるけどまいいや遊びに行こう、と考えてるのが犬の顔に出ている。

というわけでオットは全力疾走し、見ず知らずの方に助けられつつ、数百メートル先でやっとこさ犬を捕獲。その間交通量の多い道を左右確認せずトコトコ渡るシロクマの姿を見て肝が冷えたそうです。

で、犬を連れ戻ってホッと一息、というタイミングで私が買い物から戻り、んんまああああそんなことに、とびっくりしたのでした。

オットは頭から湯気を出して怒っていました。犬はいつもと同じ顔。家は少し煙りくさかったです。

報告2) 呼んでも来ない。

翌日の朝、いつものドッグパークで。

このビデオでは、呼ばれてるから行かなくちゃ、と思ったのち考え直してUターンし、いやまてよとまた考え直して再度Uターン、という面白い行動が見られます。笑えるけどこれじゃ困るのです。

シロクマはこの日感謝祭のディナーで七面鳥の切れ端をたくさんもらい、お客さんがたにたっぷり可愛がってもらってご機嫌でした。

ビルは呼ばれたら来るリコール訓練を徹底させると宣言し、早速12月1日からはじまる新しいクラスを見つけて申し込みをしました。

報告3) そうかと思えば来る。

そして3日後、いつものドッグパーク。

これは泳いで向こう岸まで行っちゃったので呼び戻したところ、降りるのは難しい地形だったので困ったクロンダイクが、橋を渡って戻ってくるという高度な問題解決能力が見られるビデオです。いつもこうだといいんですけど。

この写真は「ウォーリーをさがせ!」状態になっている白犬たち。クロンダイクは例によって見ず知らずの人に可愛がられています。

Where's Waldo?

というわけです。
きのうの晩、何がなんでも呼ばれたら絶対来る犬に変身させる「エクストリーム・リコール」というすごい名前のクラスに始めて出てきましたよ。その話はまた。

KlonBeast Comes Through!

Regular readers of this blog know that Klondike choose to ignore his recall command on Wednesday, the day before Thanksgiving. Happy to report that by Thursday he had decided to redeem himself.

Of course, his tail is still going to Extreme Recall starting tomorrow.

Where's Waldo?

Welcome to the Point Isabel version of Where’s Waldo!

Quick!! Which one is Klondike?

(answer: the one getting attention from a random stranger, of course!!!!)

Klon’s Sunday Morning! Romp + Wash + Bone

A good Sunday morning for the Klon… high intensity Point Isabel romp with lots of swimming and tag, a visit to his favorite place in the world, Pet Food Express on Telegraph, and then a large pre-lunch bone.  Check out the pirate dog video!

日曜朝のドッグパーク。すばらしいお天気。ビデオは私たちが「海賊ビデオ」と呼んでいるクリップです。笑えます。

Group1

犬のケンカの仲裁法。

Morning Stretch

シロクマ通信です。
平和です。木曜朝のお腹ナデナデ。

犬のケンカの仲裁法についてビルが こんな記事を見つけました。 すごくいい方法と思います。原文が英語なので、簡単なサマリーを書いておきますね。

市民犬クロンダイクはデカイしおっとり型なのでそれほど心配はしていないのですが、犬ですからケンカに巻き込まれることがあるでしょう。ドッグパークで遊びの限度を忘れちゃった犬がいたら、みたいな状況。

問題はとっさの時に思い出せるかどうかという点です。一、二度練習しておいたほうがいいかもしれません。

+++++

1. ケンカか派手な遊びかの区別は難しい。

2. ビビってはいけない。飼い主がビビると犬がそれを感じてケンカがエスカレートすることがある。

3. 大きな音を出して犬をびっくりさせればケンカ終了となるケースが多い。思い切り大きな音を立てる必要がある。手を叩いて「やめなさいっ」と叫ぶだけで済むケースが多い。しかしこれで収まらなかった場合、いつまでも叫び続けていてはいけない。

4. ケンカ中の犬には後ろから近づくこと。 頭のほうから近づくのは危険。首輪をつかもうとするとケンカに参戦していると判断されてしまうかもしれないのでそれもダメ。

5. 犬の後ろ足をもも付近の位置でつかみ、そのまま高い位置へ持ち上げる。. 他の犬たちの飼い主がそばにいれば、他の犬たちにも同じことをしてもらう。この方法なら犬が完全に制御できる上、歯は反対側で犬が反転できない体勢なので人間には危険がない。相手の犬へむかって飛びかかるのも不可能。

6. 後ろ足をつかんだまま後ろへ下がる。

7 そのまま後ろへ下がり続ける。相手の犬から充分に距離が取れて、相手の犬の飼い主が犬をしっかり止めていると判断できるまで止まってはいけない。

The Night Walker

@launch ramp

Today felt like Winter. Cold, some drizzle, and dark early. All of these things are probably a plus to a certain four footed friend bred to sleep with the herd  in the often snow covered Pyrenees Mountains, and recently in possession of an ultra thick winter coat. The same wagging quadruped who galloped into the media room at around 6:00 in the evening demanding yet another walk.

After a quick stop at Pet Food Express, where the Klon scored some cookies and reminded some kittens at an adoption event that he was in the house, we headed off the Cesar Chavez Park, attached to the Berkeley Marina.

As many of you know, Klon is not a car guy – it was a struggle just to teach him to get in the car and he rarely looks happy while being chauffeured around,  but his PFE express experience must have left him feeling pretty good. He started his ride to the park with head all the way out the window and then decided to ride with his front paws resting on the center console – he probably would have moved all the way to the front if the restraint system had let him.

Klon Ride
Bad selfie… Klon’s face is cut off just above the eyes. Front paws on center console, rear paws on back seat.

The rest was strangely serene. Forty five minutes of walking around the park’s perimeter, enjoying the crisp air and quiet of the shore. It was pitch dark except for the lights of San Francisco and Oakland, both visible across the bay, the light on Klondike’s collar, and every once in a while the flashlight function on my iphone. I have the feeling Klondike was seeing perfectly, next time I’ll bring a head lamp.

Chavez