Tag Archives: grooming

ネイルサロンには行かない

clipper.jpg

シロクマ通信です。

市民犬クロンダイクはネイルサロンには行かず自宅で手入れをする派です。どうも世の中自宅で犬の爪を切らない人のほうが多いみたいなのですよ。ちょっと驚きです。うちでは絶対プロの手は借りないというわけではなく普通は自宅で簡単に済ませる、というレベルです。上の写真はうちで使っているネイルクリッパー。深爪しないよう刃先にガードがついています。

実のところクロンダイクの爪はほとんど切る必要がありません。毎日の散歩だけですり減って短くなるからです。写真に見える切り落とし分は普通の爪ではなくて、歩いているときに地面に触れないのでじりじり長くなる狼爪、いわゆる犬の親指の爪を切ったものです。ピレネー犬は狼爪が余分に生えていて(二重狼爪って言うんだそうです)クロンダイクの後ろ足にはチェックすべき爪が片側に6本ずつあります。そのうち4本はまず手入れ不要で、あとの2本は年に数回はちょいと切らねばならない。あまり長くなると爪がカーブして足の皮膚に食い込んだりするのだそうです。ほんとかしら。

IMG_8211

これです。後ろ足にふたつずつ狼爪。爪だけじゃなくて小さな親指もちゃんと余分についてます。独立した骨はないみたいで、余分な部分はぶらんぶらん。こういうの発見すると切除したがる獣医さんがいるそうですが、不要なことはしなくていいです。不要なものはなくていい、じゃなくて。困ってないのに指切り落とすなんてとんでもないです。

犬や猫の爪を切るときの大問題、爪の中の血管がどこまで来ているか、どのあたりを切れば血を出さずに済むのか。悩みませんか、これ。血が出てもあんまり痛そうではないので深爪しちゃってもたいして問題ないのかもしれないけれど、たかが爪切りで流血しちゃいかんと思うのですよ。血が出ると犬はびっくりしますし。

http://thehydrantblog.com/2012/02/08/the-chart-dog-nail-clipping/

nails.jpg

このブログによれば、こまめに切ってる場合は血の通っている部分も短いけれど、爪が長くなると血管も先のほうまで出てくるのである、と。図の中でKWIKと書いてあるグレーの部分が血が通ってる場所です。

やっぱりそうなのか! こうやって図示してもらえるとわかりやすくて助かります。ガッテンガッテン。

というわけでシロクマの狼爪も日頃からなるべく短くしておかなきゃねと決意を新たにしました。上の写真の長さは普段の姿。これからもう少し短くしてみます。

また書きます。

Advertisements

クロンダイクの肖像画

 

シロクマ通信です。

すごいものをいただいてしまいました。市民犬クロンダイクの肖像画。見てください、この拡張高い絵。

画家はおなじみのスパの担当者というか犬洗い屋さんというか、海水浴と泥んこゴロゴロで別犬になってしまうたびクロンダイクを真っ白に戻していてくれた素晴らしい人で、ケイトさんと言います。ポイントイサベルの付属の犬洗い屋兼カフェMud Puppy’sにほとんど常駐していた人です。

シロクマと共に顔を出したら彼女が我々を見つけて「あのね、こんなものを作ったのだけれど、もらってくれますか?」と。差し出されたのがコレなわけです。

Klondike-painting2

あまりのことにびっくりして、私は言葉を失いました。ケイトさんはマッドパピーズをやめて絵に集中したいのだと言いました。

この絵、チャッチャと描ける絵じゃあありません。シロクマの耳が左右対称じゃないところ、睫毛が真っ白なところ、首のあたりの皮が余っていて(狼などに攻撃されてもダメージが少ないように)ちょっとたっぷりしているところ。夏の間はほとんど毎週のように洗ってくれていたのでクロンダイクを隅々まで知っているといえばそうですが、技術と知識だけでなく愛情がないと描けない絵です。モデルより少し絵のほうが貴族っぽく立派になってるところがいかにも肖像画でニクイじゃあありませんか。

IMG_1321

ケイトさん、どうもありがとうございます。大切に大切にします。シロクマはわかってないかもしれないけれど、良く言って聞かせます。シロクマの肖像画以外にどんな絵を描かれるのか知りませんが、きっと素敵な作品がたくさん生まれることと思います。いつかどこかでまたお会いしましょう。

しっかしまあ。クロンダイクは魅力的な犬で、その辺を歩いているだけでファンを増やしているのは知っていましたが、こんな出会いと別れがあるのはさすがに想定外でした。

ではまた。

 

Thank You Kate!!!

Within a month or two of Klondike’s addition to our household we discovered Point Isabel, the world’s greatest dog park. And once at PI it didn’t take Klondike long to make the most of the swimming, mud wading, dirt-and-grass rolling opportunities at the park. And a muddy Klondike led us straight to Mud Puppy’s, Point Isabel’s on-site  dog washing business.

And at Mud Puppy’s, Klondike  instantly selected Kate to be his personal fur care artist. That was nearly two years and at least fifty washes ago.

Today Kate announced that she was moving on to focus on painting. And she surprised us with an incredible parting gift.

Klondike-painting2

This oil portrait of Klondike.  I think she’s caught him perfectly, right down to ears.

IMG_1321

And this is the artist with Klondike.

Kate – speaking for Klondike, as well as myself and Mieko, Thank You. We will all miss you very much at Mud Puppy’s and wish you much success as you apply your considerable talents to canvas.

 

 

 

 

 

 

Klondike Makes The Front Page and Gets Styled!

small

Read all about it! Klondike was delighted to be featured in the Spring 2015 edition of the PIDO Pointer, the official publication of the Point Isabel Dog Owners Association, courtesy of Marla Miyashiro. Check out the in depth interview with Klondike (really)  – it’s a pretty tail thumping read, if Klondike doesn’t say so himself!

IMG_7141

And speaking of Point Isabel, that’s Klondike you see above taking a restorative swim and dust bath between rounds of gopher digging, ball borrowing and chase playing. I regret not having any good before and after photos of his dirt rolls.  In the course of maybe thirty minutes he went from bright white to brown, to black and cream.

Interestingly, each dip in the water also seemed to raise his energy level. When we first arrived in the park he was in full Pyrenees mode. Polite, friendly, willing to be sniffed and sniff back, but much more interested in a slow and deliberate cruise around the park than vigorously playing with other dogs. Then he went into the water and emerged energized, ready to run and jump with any large dog at the park. Then he went in again and came out yet more pumped, and ready to run any dog who would play. It was pretty amazing watching his energy meter fill up!

And while there is no greater pleasure than watching a happy dog, having a wet, dirty dog to transport home by car is not what most people would consider a fun activity.  And to make matters worse, I had forgotten to bring a beach towel with me. So my choices were putting a sopping wet, muddy dog in the back of the car, or rinsing Klondike off with the hose, which he hugely dislikes, and then putting a clean(ish) but soaking wet dog in the back seat.

After some thought, I chose plan C.

Kate and Klondike at MudPuppiees

Mud Puppies Tub ‘n Scrub, the on-site groomers at Point Isabel and home to Katie, one of Klondike’s personal stylists. Yes, that is Katie you see above in the purple apron, Klon you see in the white fur and Klondike’s picture decorating the wall.

Klondike’s life is not limited to press interviews, outdoor sports and beauty treatments. He also has a very serious side. He’s back in school, enrolled in  BravoPups! Talent class, a basic introduction to performance.

IMG_6993 (1)

This is Klondike getting ready to catch a swinging trapeze

Klondike with Sandi - Ta Da tricks class

And this is Sandi of BravoPup! doing some one-on-one instruction with Klon. Gotta give the beast credit.. he knows how to stay hungry and focused!

It’s not like we are not brushing the beast.

Klon Sweater

一日おきにセーター一枚脱いでる市民犬。換毛期じゃなくてこうです。

The pile of fur you see on the right is K9 Good Citizen Klondike. Our friend, the Klon.

The pile of fur you see on the left, the less shapely one that’s big enough to knit a sweater from, is what you get brushing the citizen every other day. Free sweater every other day! Yet another unplanned perk of having a Pyrenees in the family.

きれいな車は夢のまた夢。

IMG_5992

シロクマ通信です。
前回徹底掃除をしてから一ヶ月でこんなになっちまいました。一応お断りしておきますが、ドッグパークで犬が泳いだ場合には車に乗せる前に必ずタオルで拭いてるわけですし、それとは別にほぼ一日おきに徹底ブラッシングしてますし、それではカバーしきれない汚れはちゃんと犬シャンプーしてるのですよ。

IMG_5995

犬用シートカバーの下はこんな感じに汚れています。今年の夏は雨が降らないから泥足が少ないっていうのに。一体どうしてこんなに泥と毛が落ちるのか。

IMG_6010

金曜日にまた徹底掃除をしました。シートカバーを人間二人がかりで洗い、車のほうは近所の実に素晴らしい洗車屋さんへ持っていって徹底掃除してもらいました。People’s Car Washいいですよ。イーストベイにお住まいのみなさん、おすすめのお店です。

IMG_6014

で、犬が乗り込んだだけで既にこの状態。まだどこへも行ってなくて、犬が乗っただけなのに毛と足跡が。もはやため息も出ません。

シロクマはハーネスをつけて、そのハーネスを車のシートベルトに繋がれています。世の中には運転中に小型犬を膝の上に乗せてたりする人もいますが、市民犬はデカイのでちょっとそれは無理。後部座席にいてもらわないと。

というわけでまた。

Beasting The Car

IMG_5992

This is the back of our car one month since it was last carefully cleaned. That the seat cover is covered with dirt and hair is remarkable considering Klondike is toweled off before getting into the car if he’s been swimming, brushed every other day and washed regularly. By the way, the seat cover is by 4Knines and I highly recommend it… unlike the cheaper cover we bought at first, it will stay in place even with nearly 100 pounds of Pyrenees activity on it.

IMG_5995

This where it gets trippy. Despite the seat cover (mounted as a hammac) and large plastic sheets under the seat cover, note how much dirt and hair got onto the seats and floor. And this is a month’s use in good weather. And no, I don’t know why there should be so much more fur on the left side floor, thought that is the side he is usually loaded in from.

IMG_6010

This is the back of the car as it was for a few minutes Friday evening. Mieko and I scrubbed the seat cover, washed it with soap, and then scrubbed it again to get off some remaining fur (mostly stuck in velcro). The seats and floor, together with the rest of the car, were cleaned to perfection by the amazing People’s Car Wash in Oakland (105 five star Yelp reviews for a reason).

IMG_6014

Rear of the car after first post wash Klondike load-in. Not trip, just load-in. Note Klon fur on cover and pawprints.

The contraption he’s wearing is a safety harness attached to the seat belts. I figure 96 pounds of Klondike flying through the cabin in an accident would definitely not improve anyone’s day.