Tag Archives: Performing

Klondike Gives Back With Sing, A Comedic Short

 

DSC01978
One of Many Promotional Items From The Promotional Campaign For Sing

In his astronomical rise from Bakersfield agricultural security guard to Berkeley liberal arts scholar and world renowned star of stage and screen, Mr. Klondike  benefited from the unfailing love and support of the Berkeley creative community. So when approached by a group of aspiring Berkeley filmmakers he of course jumped at the chance to help return something to community. And get snacks.

The result of this unusual collaboration is Sing, a comedic short subject.

Enjoy!

(note: the first few seconds are silent, so your volume control is probably OK, though the film is a bit on the quiet side)

 

Advertisements

Klondike Wraps Indie Film: Details Soon

 

Sing - On The Set With Klondike (2)
Mr. Klondike relaxes with some of the cast and crew on the set of Sing

Today Mr. Klondike wrapped up principal photography for Sing, a comedic short film. While Mr. Klondike generally avoids indie projects, he made an exception for Sing based on the strength of its script and the close relationship he has with some of its participants. Also treats.

Watch this blog for further details.

Sing - On The Set With Klondike (1)
As a busy artist, Mr. Klondike strives to use his time as efficiently as possible. Here he combines a production meeting with a tummy rub 
Sing - On The Set With Klondike
The crew sets up for an outside shot

卒業(またもや)おめでとう!

grdogpeep
クラスの仲間たち。左からAnita (立っているほう)とIsabella・Bill、Klondike (白い衣装で座っている)、 Mieko・Heather、Harley (三毛の衣装で座っている) とChris・ Jean (黒い衣装) とBrian・SusanとSassy (座っているほう)

 

5月5日は卒業式でした。クロンダイクがまたもやクラスを終了したのです。毎度お馴染みBravo!Pup Talent 3という、上級者向けのパフォーマンスのコースです。クラスメートはクロンダイクの他に4組いて、みんな頑張りました。仲良しになったので名残惜しく、早速みんなで集まって遊ぶ約束をしたほどでした。

たった6週間だったのですけれど、その間毎日練習した甲斐があり一段芸のレベルがあがりました。いつもクラスに通っている期間は犬と人間の繋がりが強化されなんでも数倍素敵に感じられます。犬にとっても人間にとっても楽しい時間です。犬を飼うのは「大変」だという人がいますが、手間暇かかるからこそ楽しいのです。クロンダイクはいつもよりごきげんでした。もちろんビルも。

会場は見ておわかりの通り、ペット用品のお店のフロアの一部。クロンダイクはこのお店が大好きなので、それもごきげんの理由と思います。普段は用事がないとなかなか連れて行ってもらえないですから。毎週大好きなお店へ行って1時間おやつをたくさんもらいながら遊べるのです。いいなあ。

groupbow
クロンダイク、ハーリーとブライアンが観客にお辞儀をしているあいだ、イサベラとサシーはお行儀良く待っています。
Bill&Klon (1)
今年の猛獣ショーの内容はまだヒミツです。この写真一枚だけお見せします。

Talent 3 Diploma 5-5-16

Congrats to Talent 3 Graduates

 

 

grdogpeep
Graduates, from Left to Right:  Anita (standing) and Isabella; Bill, Klondike (seated, in white) and Mieko; Heather, Harley (seated in white, red and black) and Chris;  Jean (in black) and Brian; Susan and Sassy (seated)

May 5, 2016 marked the graduation of Bravo!Pup’s Talent 3 advanced performance class. Taught by the amazing Sandi Thompson,  the class wasn’t primarily about learning new tricks. Not that new material wasn’t taught, it was just that  everyone in that class walked in with a pretty good repertoire, so the focus was on polishing performance behaviors until they shined.

During the class, Klondike improved as performer, and had a great deal of fun. In fact, we are thinking about changing his name to The Thump because of the non-stop, super strength, full contact tail wagging he’s started. I think this happiness came from a combination of training treats, attention, the strengthened bond that comes from working closely with your best friend during training/rehearsal, the class’s location inside a Pet Food Express store (a favorite Klondike destination) and the positive energy in the room. But whatever the reason, we’re grateful for the experience.

It was also a blast for the bipedal participants, who greatly enjoyed spending time around their own kind (human and dog) and exercising a shared passion for dog training.

groupbow
Klondike, Harley and Brian take a well deserved bow while Isabella and Sassy wait their turn
Bill&Klon (1)
While details of our performance are still confidential, I was able to get Mr. Klondike to agree to release this one shot

Talent 3 Diploma 5-5-16

猛獣ショー、仕込み中

 

P3 - 1 (1)

シロクマ通信です。

えーさて。またもや学校へ行っています。これが多分6つ目のクラスです。今回のクラスは去年に続いてパフォーマンス。上級コースです。上級ったってやることがそんなに違うわけではありません。猛獣のほうはひとつひとつの動作をきれいに大きくすることが目標で、猛獣使いのほうは猛獣から離れた場所からでも芸ができるようにボイスコマンドの比重を増やす工夫をします。

先生は前回と同じBravoPup! のサンディさんで、ヒッジョーに辛抱強く優秀な方です。演劇を勉強していたこともあるのだとかで魅せかたの工夫も上手。1時間のクラスは楽しくて、毎回あっという間に過ぎていきます。

さてさて。それで、です。

前回は優等生だったシロクマ、今回はおくれを取っております。「華がある」のに頼ってしまい、技術をみがいていないからです。自己流ってんですか、好きなように動いて、それでもファンのみなさんに喜ばれてるのでいいじゃないか、という尊大な態度。一時輝いていても流れ星のように芸能界からいつのまにか消えてしまう、スター生命が短い人たちにそういうのいそうな気がしませんか。

というか、ピレネー犬の血がまずいんですね、おそらく。

ピレネー犬(グレート・ピレニーズ)っていうのは、前にも書きましたが家畜の番犬で、飼い主の指示を待たず、広い牧場で独立自営の精神で仕事をするようにできています。そう書くとカッコイイですけど、今回のような場面では、言うこときかない困った犬なわけです。

「お座り」と言われたことは理解しているのに、本当にすわっていいものかじっくり考えてから独自の判断で座ったり座らなかったりするのです。世の中には飼い主さんの言うことを聞くのが無上の喜びだっていう犬がたくさんいるのに、全くめんどくさいことです。

下の図はビルがどっかから見つけてきたピレネー犬の「芸」を見せているインフォグラフィックス。何を言っても全然耳に入らない様子。シロクマはここまでひどくはありませんが、こういう傾向は間違いなくあります。

Great Pyrenees Tricks

同級生たちは素晴らしいです。反応速度の速さ、動作のきびきびしていること、ほれぼれします。心底うらやましいです。

5週間みっちり訓練したら、少しはマシになるでしょうか。夏までに去年の防災シンポジウムよりいいショーを作り上げようと計画しているのですが…。

ではまた。

シロクマのスクリーンデビュー

Camera Crew Setting Up For A Steadicam Shot

シロクマ通信です。

英語版のほうをご覧のみなさんはもうとっくにご存じでしょうが、シロクマ、とうとうスクリーンデビューしました。(日本語化が遅れてすんません)

えーっ! やっぱりあちこちへ売り込んでたのね〜!

とお思いかもしれませんが、違います。たまたま7月の猛獣ショー「火災と地震対策特別シンポジウム」を観た人が映像関係のお仕事で、コマーシャルに出ませんか、と声をかけてくださったのです。まあつまり才能があると必ず認められるということですね。あはははっ。

クライアントさんは Thinkin Blue™という会社です。ブルーカラーの仕事をしている人たちのためのネットワーキングのサイト、つまりLinkedInみたいな感じのビジネスだということです。まだサービス開始してないんで、私もよく知りません。昔は警備の仕事をしていた市民犬クロンダイクにふさわしい役どころじゃないですか。光栄です!

ビルはこの日、平日だってのに撮影のために丸一日費やしました。シロクマは平常心で現場へ行きましたが、ビルは大興奮してました。もうしばらくその話ばっかり。ステージパパの素質があったとは知らなんだ。

まあでもね、うれしいのはわかります。撮影のとき、少し離れた場所からでもきちんと指示を聞き分け、ピシッとお座りしたり立ったり歩いたりしてクルーに感心され、さんざ訓練してきたのが全部報われた。これは自慢したいでしょうし、していいと思います。

それに白いと目立つんです。あと二頭いた犬は小さかったこともありますが、なんせ真っ白の威力はすごくて存在感が違う。完全にスターだったそうです。同じ役柄で犬が3頭いるなかで、クロンダイクだけが特殊におりこうさんだったし人気だったし目立っていたし…

華があるっていうんですか、こういうの?

というわけで私もうれしいのでした。

Mr. Klondike takes a few minutes between takes to get into character
役作りのためにみんなから離れて集中するシロクマ。
Klondike and I run through some of his lines
ビルを相手に台詞の練習をするシロクマ。

On The Set With Klondike & Thinkin Blue™

Camera Crew Setting Up For A Steadicam Shot
Camera Crew Setting Up For A Steadicam Shot

Klondike’s first gig was agricultural security guard in Bakersfield, watching livestock. He retired at age one (with some help from the wonderful people at Rocket Dog Rescue) and came to Berkeley to pursue a career in liberal arts and entertainment.

Since coming to the Bay Area, Klondike has dedicated himself to live performances and photo modeling, with some napping, snacking, swimming, running with other large dogs, and cat/squirrel/raccoon chasing on the side. But when approached to shoot a commercial for Thinkin Blue™, a networking site for blue collar workers, he literally jumped at it.  The site is just entering beta but you can bet when it goes live The Klon will be on it, reconnecting with his old security guard buddies. Or may he may nap under my desk. Definitely one of the two.

Big shout-out to BravoPup for the training (both mine and Klonbeast’s) that made this possible.

Here are a few more pictures from the shoot. I’ll post other pictures as I get them, and hopefully I’ll be able to post the finished ad before too long.

Mr. Klondike takes a few minutes between takes to get into character
Mr. Klondike takes a few minutes between takes to get into character
Klondike and I run through some of his lines
Klondike and I run through some of his lines