Tag Archives: raw

Klondike is a raw fed dog.

 

Klonbirthday2
That’s Mr. K’s birthday lamb chop.

We’ve been feeding raw food to Mr. Klondike for maybe 2.5 years now. Bill and I don’t even think about it any more, but every now and then we surprise our friends and family.

They all ask the same questions, so I’m answering them here, as the person running Mr. Klondike’s catering department.

Food poisoning? Salmonella? 

Do not underestimate a dog’s digestive powers! Mr. Klondike even likes his meat a little ripe, as in old, and I think it smells more interesting that way. He likes his food fresh, too. He likes everything. He takes his morning eggs raw, cracked into his bowl.

What about people? Isn’t it dangerous for the people around your dog?

No one has become sick here, so it seems quite all right. Of course, I am careful with the storing and handling of raw ingredients, and would never guarantee that it is perfectly safe in every case.

Aren’t bones dangerous? Especially chicken bones? They puncture the gut!

Again, do not underestimate a dog’s digestive powers! When Mr. Klondike swallows a big piece of bone, most of the time his poo does not contain the bone. It just gets a little whiter and crumbly if the bone is big. When we do see small bone fragments, they are rounded and tiny. Although, I should emphasize that cooked bones are a different deal, and I hear they do not melt away the way raw bones do. We only give him raw bones.

It must be expensive!

This is mostly a matter of choice. Even in the SF Bay Area where the cost of living is ridiculously high, we can easily find people grade meat under $1/lb. On the other end of the spectrum, there are stores that sell exotic meat for raw fed animals for over $15/lb. There are other creative ways to get raw food, like getting to know your butcher. On the web I read wonderful stories like getting a whole roadkill venison, raising chickens and rabbits for food in the back yard, getting extra cheap fish at the port. So it really is a matter of choice and a little creativity. Mr. Klondike needs a little more than a pound of meat and bone each day.

What about nutritional balance?

I’m not even sure what people really should be eating, and I certainly do not claim to know what is best for my dog. But we don’t need a scientist to tell us that it’s probably mostly meat and bones, he can also eat a wide range of other food, and that he needs variety. That’s common sense.

The switch for Mr. Klondike from dry to raw was mostly my intuition. I have read books and articles that support it, but a lot of dogs seems to thrive on commercially available food too, so raw is probably not the only way. That said, there were so many visible health improvements that I can’t imagine I’d ever switch him back to kibble.

The best ratio of meat, bones and organs is said to be 8:1:1. There should be variety in the kind of animals they come from, and 10-20% vegetable matter is also recommended. There is no shortage of resources on the web for those interested. I follow the guidelines loosely but pretty consistently.

Don’t raw fed dogs become vicious? Klondike is too big!

klondikeFace.jpg

This is the face of that very dangerous raw fed dog and he weighs about 100 pounds. The killing instinct… I’m not sure I’ve seen it. He loves to have his tummy rubbed. Before raw, he was always very hungry. Almost restlessly asking for food. After raw, he is the relaxed Mr. Klondike we know. That’s the only character change we have noticed.

Do you travel raw?

We leave home with a backup bag of kibble, but there are supermarkets everywhere. It’s not hard at all.

Maybe I should try too with my dog/cat?

The best thing to start with is chicken wings. The very tip of the wings, that part is not bone, it’s cartilage. It’s not going to be dangerous even for small dogs. Some animals need time to get adjusted, so I’d recommend transitioning slowly. Swap part of what you have been feeding to chicken wings. Then gradually increase the size of the bone. Feed more of it. Then try other meats and organs. There are people who have had success feeding 100% raw from day one, without any problems. Then there are other people whose animals just wouldn’t stop having digestive issues. Know your animal, and keep a close watch.


 

So… That’s about it for now. Hope this page answered your questions. If you need to know more, just do a couple of Google searches.

Advertisements

犬にローフードを与えると…

Klonbirthday2
お誕生日のラムチョップ。

シロクマ通信です。

うちへ来て数ヶ月目くらいからローフード犬となったシロクマです。犬はナマ肉とナマ骨を中心とした食生活をするものという常識がすっかり定着し、もう疑問もなにも感じない我が家ですが、世の中ではまだ少数派なんで驚かれることがあります。

みなさん同じ質問なんで一気にお答えします。

食中毒になるんじゃないの?

犬の消化力をバカにしちゃいけません。ぜーんぜん大丈夫です。少し熟成の進んだ(古い)肉のほうが味わいが深いのか匂いが面白いのか喜ばれます。でもフレッシュなのも好き。全部好き。

バイキンが散らばって人間も危ないんじゃないの?

さあ…。うちではまだ誰も犬のローフードで病気になってはいませんので大丈夫なんじゃないでしょうか。うちで大丈夫だからといってどこの家でもそうかどうかは知りませんが。

骨がお腹につっかえて危険じゃない?
お腹に刺さるんじゃないの?

犬の消化力をバカにしちゃいけません。骨の固まりを飲み込んだと思われるときでも、うんちには骨は出ません。たまに骨のかけらが出ることもありますが、先っぽ溶けて丸まっています。ただし、火の入った骨は同じようには消化できなくて危険だと聞いていますのでナマの骨限定です。

すごくお金かかるよね?

これは好みの問題です。人間用の安い肉は探せばあるものですし、ローフードの犬猫専用の高級品もあります。物価が高くて有名なサンフランシスコベイエリアのうちのあたりでは、1ポンド(500グラム弱)1ドルを切るものから15ドルを超えるものまで様々。肉屋さんと仲良くなって骨を分けてもらうとかもアリ。地域によっては猟師さんから鹿を丸ごともらったとか、庭の一部で鶏や兎を飼っているとか、港で魚を安く手に入れたとか、うらやましい話をいろいろ聞きます。その中から何を選ぶのか、という話です。参考まで、シロクマは図体のわりには小食で、一日あたり1ポンド半くらいの食べ物のうち肉と骨の部分が1ポンドちょいくらいです。

栄養バランスは大丈夫なの?

人間だって何を食べるのが一番正しいのか色んな説があるなかで、犬の食べ物は何が一番正しいのかは誰も知りません。でも、多分肉と骨を中心にして、ある程度のバラエティのある食事が良いのだろうという大ざっぱなところまではわかっている。まあわざわざ科学者に聞かなくても常識的に考えればそうに決まっているわけですが。

上等なドライフードや自作(加熱)の犬ご飯と比べてクロンダイクの食べているナマ食の栄養価がどうなってるか、はっきり言って私にはわかりません。ナマのほうが犬の身体にいいのではと直感で思っているだけです。

犬用ローフード界では肉、骨、内臓の割合を8対1対1にし、最低でも3種類の生き物を使うのが基本です。これは毎日そうしなきゃならないわけではなく、たとえば一週間の中でそういうふうにバランスを取りなさい、ということです。そのほかに野菜や果物も1〜2割。植物性の食べ物がないと腸内細菌の種類が減って免疫が弱くなるそうです。うちではごくテキトーに調整しています。

性格変わって獰猛になるのでは? 大型犬だし危なくない?

klondikeFace.jpg

えーと、この顔です。獰猛かどうかの判断はおまかせします。うちではローフードにしてからむしろ落ち着いたな、という感触です。ドライフードだけ食べさせていた時期にはメシメシメシメシ、といつも腹っぺらしでジタバタした犬だったのですが、ナマにしてからはゆったりとしています。

旅行中もナマなの?

一応非常用のドライフードも積んで出発しますが、世の中スーパーはどこにでもあり、ちょいとお買い物をすればいいわけです。なんにも難しいことはありません。

うちの犬もやってみようかなあ…?

はじめるなら鶏手羽から。手羽先の一番さきっぽは軟骨です。絶対危なくない。お腹を慣らす期間が必要なので、今までの食べ物の一部を手羽先に差し替えてみて、大丈夫そうなら徐々に骨のサイズを大きくしながらいろんなものを与えてみる、という風に。でも一気に切り替え問題なかったという犬もたくさんいるみたいですし、いつまで経ってもピーとかゲーとかしている犬もいてとうとう諦めましたなんていう話もあります。様子をみながらお試しください。

私が説明するより上手な説明がウェブにたくさん出ています。検索かけてみてください。

というわけです。ではまた〜。

おやつの技術革新

IMG_8233

シロクマ通信です。今日はおやつの技術革新について。

写真は生食の訓練用おやつ。ええ、牛肉です。鶏肉のほうが安いに決まっていますが、生の鶏肉をぺたぺた触るのは犬はともかく人間のために非常にまずいですから、牛のほうが少しは安全だろう、と。細かく一口サイズに刻んで、60グラムずつのパックにしています。訓練用のおやつの半分くらいをこれでまかない、その分ごはんの量を減らしました。

また学校へ行っているので、訓練用のおやつが大量に必要になっているからです。芸ができれば「えらいね」と一口もらい、できなければ難易度を落として「えらいね」と言われながらまた一口もらって訓練を進めるので、どちらにしてもシロクマはおやつをたくさんもらえるのです。犬にとっては純粋にいい話です。

しかしこれでは一日に複数回訓練の時間をとるとけっこうな量になってしまいます。集中訓練期間中は体重を増やしてしまうのが悩みです。

じゃあごはんの量を減らせばいいかというとそうでもありません。市民犬クロンダイクは図体のわりに小食で、あまりにちょっとしか食べないのでごはんの量を減らすと栄養のバランスが心配なのです。ちょっとというのは、体重ベースで普通の犬の半分くらいです。前に書きましたがローフード犬ですし。

というわけで色々考えた末の生肉おやつ。下の写真は普段用の生じゃないおやつです。錠剤はエビオス。赤っぽいのはドライクランベリー。チーズの切れ端が入っていることもあります。

まったくいい家に来たよね、この犬は。

また書きます。

IMG_8234.JPG